2005年04月03日

ブラウザプラグインの作成 - ImageRegistryを使う

今回はプラグインでImageRegistryを使った画像の利用を行います。
イメージリソースは使用後にdisposeメソッドを使って破棄しないといけません。しかし、ImageRegistryを使うとイメージリソースの破棄を自動で行ってくれるため便利です。

今回作成したプラグインはこちらからダウンロードできます。→browser_0.0.8.zip
ソースも入っていますのでダウンロードして参考にしながら説明を読んでください。

1.イメージレジストリに画像を設定する

Eclipseでは、イメージを管理してくれるImageRegistryクラスが提供されています。
BrowserPluginクラスで以下のメソッドをオーバーライドします。
protected void initializeImageRegistry(ImageRegistry registry)
ここで渡されるImageRegistryクラスにイメージのURLを設定していきます。
IPath path = new Path("icons/" + fileName);
URL url = find(path);
if (url != null) {
ImageDescriptor desc = ImageDescriptor.createFromURL(url);
registry.put(key, desc);
}


2.イメージを取得する
イメージを取得する方法もプラグインからイメージレジストリを取得して、そのイメージレジストリからイメージを取得します。
BrowserPlugin plugin = BrowserPlugin.getDefault();
ImageRegistry registry = plugin.getImageRegistry();
ImageDescriptor desc = registry.getDescriptor(key);

3.おまけ
ブックマークビューで右クリックのコンテキストメニューからブックマークの追加、削除などができるようにしました。

今回作成したプラグインはこちらからダウンロードできます。→browser_0.0.8.zip
posted by 月夜 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プラグイン開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。